変形性膝関節症について

変形性膝関節症とは、膝の関節の軟骨が少しずつ減り、歩行時に膝に痛みが出る病気です。

 

変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症の直接的な原因については、軟骨においてのすり減りと炎症を挙げることができます。クッションのような存在である軟骨が摩耗すると炎症が起こりますが、その結果として関節液の分泌量が増加します。関節液が必要以上に増えると、よく耳にする膝に水が溜まるという状態になるでしょう。

 

こうした問題を引き起こす要因はたくさんありますが、ポピュラーなものは老化だと言われています。軟膏は年齢が上がるほど弾力が失われるので、変形性膝関節症になりやすいです。膝に負担がかかる肥満を理由とする人もいれば、遺伝でこの症状を経験しやすい方もいます。

 

女性に発症者が多いですが、その理由には女性ホルモンの影響や男性と比較した際の筋肉量の少なさを挙げることが可能です。

 

変形性膝関節症の症状

症状については段階で違ってきます。初期は膝を使うときだけの痛みで、立ち上がったときや歩き出すときに少々痛むことになるはずです。動作を続けていても症状は弱くなっていきます。

 

中期は動作中に痛みが途切れず、歩行中や立っている際に長く痛いと感じがちです。膝内側に症状があり、人によっては両膝の間隔が広くなるO脚を経験する場合もあります。末期になると何もしない時間にも痛さがあり、生活しづらい状況に悩まされることになるでしょう。

 

変形性膝関節症でお悩みの方は当院にお任せください

  • 痛みの本当の原因を特定することが根本改善への近道だと考えております。当院では時間をかけてしっかり調べていき、状態を把握し、豊富な知識と技術を駆使したオーダーメイドの施術で根本改善へと導きます。膝の痛みを感じたらリスタート整体院にご相談ください。