脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症は高齢者の方に多く見られる疾患です。人間は年齢を重ねると脊椎でクッションの役目をしている椎間板も老化していき、腰痛の原因になっていきます。

 

脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症の原因は、脊柱管内の神経が圧迫される事だと言えます。背骨の中央には穴が繋がったような脊柱管があり、首から臀部までの骨が繋がっているものです。脳から繋がった脊髄が内部に入っていますが、脊柱管狭窄症を患っている人は腰あたりの部分で脊柱管の幅が狭くなっており、神経が圧迫されています。

 

幅が狭くなる要因は多数ありますが、年齢による周辺の組織の変形や肥厚、姿勢の悪さが理由となるケースが多いです。また、腰椎分離症や腰椎すべり症などの疾患が原因である方もいます。

 

脊柱管狭窄症の症状

症状についても多岐にわたっており、単純な痛みのみではありません。間欠跛行と呼ばれる症状が目立ちやすく、しばらく歩くと痛みと痺れが生じ、前屈みになって休むと再び歩けるようになる人が多いです。頻繁に休憩を入れないと痛みで歩けないという場合は、脊柱管狭窄症の可能性が高いと言えます。

 

立っているときや後ろに反ったときに痛みが強い点も特徴です。症状は足の両側に強く出る事が多く、腰に対してはそれほど痛みなどが強くない方が多いと言えます。ひどくなると便秘や頻尿、残尿感や尿漏れなどのトラブルにも繋がり、排便や排尿へのストレスを抱えるリスクがあると知っておきましょう。

 

脊柱管狭窄症でお悩みの方は当院にお任せください

脊柱管狭窄症にならないよう日常生活で気を付けることは、正しい姿勢を心掛けることが大事です。とはいってもすぐには難しいでしょう、なので最初は周りの方に教えてもらったりして、自分の姿勢を気にかける習慣を付けるといいかもしれません。