起立性調節障害について

18歳未満の児童で、昨今は起立性調節障害を発症する方が増加傾向となっています。とくに小学生と中学生に多い傾向で、毎日学校に通えないという弊害さえも生まれているほどです。

 

起立性調節障害とは

起立性調節障害がどのような疾病なのかを述べると、朝、自身のふとんやベッドから起きられないというものとなります。自律神経系の乱れがもっとも大きな要因となっています。眠る前にデジタル機器を触っている方に多く、その期間が長いほど脳神経のドーパミンという物質の数量の抑制ができないことも研究で明らかになりました。

 

発症すると、頭痛・吐き気のほかにめまいを訴えるのが基本です。さらには食欲不振などさまざまな症状が合わさって出てきます。起立性調節障害は一度発症をすると、長期間を掛けたケアが必要です。

 

起立性調節障害は当院にお任せください

起立性調節障害は決してだらしない、怠けているわけではありません。自律神経を整えると症状は改善します。最近不調が続くと感じる方は一人で悩まず、リスタート整体院にご相談ください。当院のスタッフが全力でサポートいたします。