腰椎椎間板ヘルニアについて

人間の腰に起こる痛みは身近なものでありつつもほとんどが曖昧なのが特徴です。しかし、原因がはっきりとしている痛みが腰椎椎間板ヘルニアです。

 

腰椎椎間板ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアは背骨の骨と骨の間にある椎間板というものの一部が外側に飛び出して神経に触れる事により痛みやしびれなどの症状が出てきます。

 

背骨は柔軟な動きができるように複数の小さな骨が重なり合っているのに加え、それぞれの骨の間にはクッション材が存在しているからこそ、滑らかに思った通りの動きができるのです。

 

そのようなクッション材としての働きをしている組織は、年齢が高くなっていくと少しずつ弾力性が失われていき、発生した小さい亀裂がきっかけになって組織が外側に向かって飛び出します。触れる程度が大きくなっていくのにつれて痛みも強まり、下半身を中心とした痺れも強まります。

 

腰椎椎間板ヘルニアは年齢が高い方だけに限らず活発に行動できる若年層にも患者が多い症状であり、若年層は重量がある物を勢い良く持ち上げた事が引き金になりやすいです。

 

腰椎椎間板ヘルニアの症状

症状については腰の痛みはもちろん足においても同様に痛みが発生します。進行していくと足を地面に着く事ができないほどの強い痛みと共に痺れにも悩まされることが多いです。

 

腰椎椎間板ヘルニアでお悩みの方は当院にお任せください

当院では時間をかけてしっかり検査を行い、徹底的にお身体の状態を把握した後に施術を行います。痛くないソフトな優しい施術を心がけておりますので、整体院が初めてという方もご安心ください。